はじめに

私達が銀行に預金する時の金利は、当然高いほどいいですね。満期になってもらえる額が多くなるのですから。ところがお金を借りる時は、少しでも金利の低いところがいい。借りたお金を返すのには少しでも少ない方が助かります。

このように同じ「金利」と言っても、正反対の面を持っていることになります。私達が金融機関に借りる時は、元金に指定の金利をプラスして返さなければなりません。返済期日が遅れれば、延滞金まで取られます。貸す側と借りる側にこの件に関しては了解ができているという事ですね。その基本となっているのは、「借金は必ず返すもの」という共通認識です。反対に銀行が満期日に預金者に預かっているお金に金利を付けて返せなかったら、銀行は信用を失い、社会的にも大きな騒ぎになります。金利はお金を借りる時のレンタル料みたいなものと言われる所以です。

銀行の運転資金の基となるのは、一般の個人や企業の預金です。銀行は預かったお金を企業に貸し出し、その金利が銀行の資金となります。だから銀行は少しでも高い金利でお客を獲得しようと競います。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などメガバンクは、昨今、金利が低いというのがもうあたり前のようになっています。インターネット銀行が定期預金の金利の高さを売りにして競っていても、まったく低いままです。それでもメガバンクが成り立っているのは、その大きな信用力のためでしょう。

金利にはいろいろな種類があり、金融自由化で銀行などは独自にその金利を決めていいことになっています。その中でも基準となるのが日本銀行が検討し決定する「政策金利」で、いろいろな金利の目標値となっています。そのために各金融機関の金利は、そんなには極端に違う事はないのです。

日銀は景気の状態を見て、金利をコントロールして経済を安定させようとします。景気が悪くなってくると、政策金利を下げて銀行への融資金利を下げます。銀行が市場への貸出金利を下げて企業が借りやすくし、個人の消費や設備などへの投資を促し、景気の回復を図るためです。好景気の時には金利を高くして景気の行き過ぎを抑制するのです。このように金利は、「景気の体温計」とも言われ、経済活動に対する指標とされています。そうは言っても金利が低いと銀行は利益を得にくくなってしまいます。今の日本が低金利なのは、いつまでも景気が回復せず、政策金利も低金利の状態が続いているからだ、とも言われています。