名目金利と実質金利

金利を考える場合には物価との関連を考慮する必要があります。「名目金利」とは、簡単にいえば日頃私たちが使っている預金金利の数値などです。通常、「銀行の金利が△△%」という時は名目金利で表示されています。見かけの金利とも言えます。銀行の貸出金利の基準値である短期金融市場や長期金融市場の利率なども名目金利で表されています。これに対して「実質金利」とは、物価変動の影響を取り除いた金利です。

実質金利は、名目金利からインフレ率を差し引けば計算できます。例えば3%の金利でお金を借りたとします。1年後の満期の時には物価が上がっていてその上昇率が2%であった場合、3-2=1で、実際には実質1%の金利で借りたのと同じ、ということになりますね。土地など大きな買い物ほど影響を受けます。例えば1000万で土地を1年ローンで買ってすぐに売ったとすると、名目金利では1年後に30万円の金利を支払う計算になりますが、その時に売って現金化してみると、物価の上昇率が2%ですから、実質には20万円の金利と同じとなり、10万円得したことになります。

このように、通常報道などで「金利が上がった」とか「金利が下がった」などと語られる場合、「名目金利」の数値が表示されているのがほとんどです。景気が良くなって物価も上がりインフレ率が高くなった場合、(単純に考えればですが)金利の高さは実際にはそんなに高くはない、ということもありそうです。

反対に、どんどんモノが安くなっているデフレの状況であれば、どうでしょうか。たとえば、1000万円を3%の金利で1年ローンで土地を買い、1年後に即売却する契約をしたとすると、まず満期時には30万円の利息が発生します。仮にその時にインフレ率が2%低下しているとしたら、すぐに売っても1000万円の土地は980万円になっています。銀行からの借金の金利は変わらないので、実質的には50万円の支払いになってしまいます。実質の金利は(名目金利—インフレ率)という計算で表されるので、3-(-2)=5という計算となり、実質金利は5%にあがっているのと同じということになってしまいますね。

ちなみに、名目金利は実質金利よりも高いのが一般的ですが、デフレ状態では実質金利のほうが名目金利よりも高くなり、借金の負担が重くなるという異常な状態となることもあるようです。

外貨預金の時など、例えば金利の高い国の外貨を進められて買っても、その国のインフレ率をよく観察しておかないと、実際に満期になった時には利益が無い、という事にもなりがちです。その国の経済が安定していないために、金利を高くして買ってくれる人を募集している、という事もありますから。