固定金利と変動金利

預金やローン商品などの金融商品の金利には、大きく分けて固定金利タイプと変動金利タイプの二つがあります。普通預金、貯蓄預金、変動金利定期預金、国債などは変動金利です。固定金利とは借り入れたときの金利がローン返済終了まで変わらず、毎月の返済額も同じ額、というタイプです。変動金利というのは、一定期間ごとに金利が見直されるタイプです。住宅ローンや自動車ローンは、固定金利と変動金利を選択することができます。

固定金利は、借りた時点での金利が返済終了まで続くので、景気に左右されることなく先の見通しが計算しやすく、返済額がはっきりしている点で安心感があります。借入時が低金利で、もしその後金利が上がることが予想される場合は、固定金利の方が得ですね。逆に金利が高い時に固定金利を選ぶと、高い金利が返済が終わるまで適用されることになってしまいます。住宅ローンなどは長期間のローンであることが多く、長い間同じ金利が継続する、と考えることは不自然かもしれません。途中で金利が変わる可能性が高いと考えて、変動金利を選ぶ方法も考えられます。選択に悩むところですね。各社とも固定金利と変動金利のミックス型も用意していますが、固定金利期間が終了してもその時の金利が適用されるので、市場金利が下がっているにもかかわらず、高金利で計算されてしまう場合もあります。

変動型金利は市場の金利に合わせて、金利の見直しがされるものですが、金利が高い時に借りた場合は金利が下がれば返済額が減りますが、金利が上がると返済額も増えてしまいます。金利が下がると予想がつくときは、固定金利よりも有利になりますが、最終的な返済額が確定しないという不安感も出てきますね。住宅ローンの場合は、年2回見直しがされます。二つのルールがあり、ひとつは毎月の返済額は5年間は変わらないというものです。返済額のうちの元金部分と利息部分の割合を調整するだけになります。5年間の間に金利が上昇していた場合には、6年目以降の返済額が上がるのです。二つ目のルールは、仮に途中で金利が大きく上がっても、25%以上は返済額が上がることがないように決められているというものです。見直し後の返済負担が極端に重くなることがないようになっています。

しかし、金利が上がって毎月の返済額が元本と利息を合わせて上限の1.25倍以上となった場合、1.25倍を超えた部分に関しては、住宅ローン分とは別に、新たな借金が増える可能性がでてきてしまいます。変動金利には、金利が急激に上昇した時には余分に未払い分の利息の支払いの可能性がある、ということになります。事前に認識しておかなければならないでしょう。

固定型と変動型では、金利を決める時のよりどころとなる基準が違ってきます。10年以上の固定金利は、長期の市場の動向全般と密接な関わりがある「長期金利」を基準とします。変動金利型の金利は、その時点の金融政策の動向を反映する「短期金利」を基準とします。そして長期金利よりも短期金利のほうが低いのが普通です。住宅ローンなどの金利も変動金利型のほうが低く、固定金利型の方が高くなりがちです。こうしたことから住宅ローンを借りる人は変動金利型を選んでいる人の方が多いとのことです。