金利は誰が、どうやって決めるの

金利って誰がどうやって決めているのでしょうか?私達に日常関係の深い銀行の金利は、各銀行が自由に決めていいことになっているって知っていましたか?とはいえ、基本となるものがあるので、各銀行ともそんなに極端には違いません。少しでも他よりも金利を高くして、顧客の獲得を狙っても、満期が来たらその分の高い金利を用意しておかなければなりませんから、後々の事も考えなくては決められません。

銀行が融資などに使う資金としては、銀行自身の自己資金は少ないといいます。ほとんどが銀行が預金者から預かった預金を運転資金として企業や個人に貸し出しており、その時の利息が利益となりますから、いつも収入が一定というわけにはいきません。また預金者が決済でお金を引き落としますから、手元のお金は常に変動しています。そんな時に金融機関者同士でごく短期に貸し借りする市場があります。これを「短期金融市場」といいます。その中に日銀が水準を保つように介入して、コントロールしている「無担保コール翌日物」と呼ばれる金利があります。

日銀は「無担保コール翌日物」の金利を「政策金利」として採用しています。銀行はこの政策金利を基準値にして、利益の他、人件費、店舗やシステムにかかる費用などの経費の分や、相手先が倒産したりして回収できない時の分なども考慮して、銀行の預金金利を決めているのです。10年物定期預金や、住宅ローンなどの長期の金利は、1年以上の取引が行われる「長期金融市場」という違う市場で決められ、10年物国債の金利に連動しています。