金利と景気の関係

バブルの時は「狂乱物価」などといわれ、マスコミにも煽られて、「今買っておかなければ次はもっと値段が上がっているかもしれない」とさらに消費が過熱してきました。また景気が良いと、車や住宅などの大型の買い物の決断する後押しになりますね。こういった値の張る買い物は、現金で支払うよりもローンを組む人の方が多いでしょう。企業もモノが売れれば、銀行から資金を借り入れて設備投資をしたり人員を増やしたりして、さらに生産に力をいれます。需要が多いのですから、銀行の融資金利は当然高くなりますが、それでも景気の良い時は借りる人は多いでしょう。

また手元資金が潤沢にあれば預金に回す人も多くなります。各銀行とも高金利のキャンペーンをはって、顧客を少しでも多く取り込もうとします。しかし預金をする人が増えすぎると、逆に消費が落ち込むことにも繋がります。

好景気になるとお金を使う事が多くなる→需要が多いので金利が上昇する→金利が高くなるので預金者が増加→物を買うのではなく貯める人が増える→お金を使う事が少なくなり消費が冷え込む→不景気になる。という図式が成り立ちます。

逆に不景気になると車や住宅などローンでの購入を控えがちになる→需要が少なくなるので金利が低くなる→お金が借りやすくなる→金利が低いので消費が活発になる→好景気になる、とこのように、金利というのは景気に密接に関係していて、共に循環しているのです。

日本銀行は景気の状況を判断して金融市場に介入し、金利をコントロールしています。この時の基準金利を「政策金利」といい、この金利を上げ下げすることで景気を調節しているのです。景気は自然発生的に動くような気がしていましたが、日銀が裏で意図的に好景気にしたり景気を抑えたりしているのですね。それだけに日銀総裁の発言は大変重要です。その発言一つで日本のこれから先を読んで株価が変動し、預金金利も上がったり下がったりするのですね。